ニキビ跡まで綺麗に治す方法

おしりニキビ専用化粧品ランキング

 

健康な肌になること

 

ニキビの予防も大切だけど、できてしまったニキビの跡も気になりますよね。
大人ニキビは、思春期の頃のニキビと比べても跡が残りやすいと言われています。赤みが残ったり、クレーターになったりと潰さなくてもそのように残ってしまうことが多いのです。ニキビ跡を治すには、まずはニキビができにくい肌にすることが必要となります。いわゆる、健康な肌になることが必要なのです。健康な肌とはどのような肌を言うのか?ということになりますが、

  • ハリのある肌
  • 十分に潤っている肌
  • 血色のよい肌

このような肌が健康な肌と言います。いわゆる、トラブルが起きていない肌であり、きれいな肌だということが言えるでしょう。赤ちゃんのような肌と言えば分かりやすいと思います。このような肌になるためには、あらゆる条件が必要となります。十分な栄養の摂取、十分な睡眠が取れているか、ストレスを解消できているかなどが健康な肌を得るためには必要なのです。

ニキビ跡によっても治し方が違う

ニキビの跡とひとくちに言っても、その種類はひとつではありません。
赤みがあるタイプ、紫や茶色の色素沈着が残っているタイプ、クレーター状になっているタイプです。これらのタイプはそれぞれ治療法が違って来ますが、赤みがあるタイプと色素沈着があるタイプはそちらもビタミンCを使った化粧水やケア商品が有効であると言えます。

 

ニキビ跡を治すことは、肌のターンオーバーが関係してくるのですが、早くても半年、長いと1年以上になることもあります。
それまでの期間に新しいニキビを作らないようにすることも大切です。効果的なケア商品を使うということが少しでも早くニキビ跡を治すことに重要となって来ます。

 

また、クレーター状になっているものは、セルフケアでは時間がかなり掛かりますので、皮膚科で治療して貰うことをお勧めします。

生活習慣を見直すこと

ニキビ跡を治すのに、生活習慣を見直すということはとても大切です。
夜更かしや夜遅くに飲食をするというような生活習慣は決して肌によい環境とは言えません。
規則正しい生活をするということ、肌や寝具を清潔に保つということ、食生活や睡眠を含めて重要となってきます。

 

毎日の疲労が残っている状態でも、肌には影響を及ぼします。

生活スタイルを見直すだけでも、かなりの効果があるということが言われています。肌のターンオーバーから考えると、生活スタイルを見直して数か月は必要かもしれませんが、確実にニキビができにくい肌となり、ニキビ跡も少しづつ薄くなることを実感できるでしょう。毎日の積み重ねが肌に現れるということが分かるでしょう。

 

おしりニキビ専用化粧品ランキング