大人ニキビと○○の関係@

おしりニキビ専用化粧品ランキング

 

大人ニキビとストレス

 

大人ニキビとストレスには関連性があると言われています。
大人ニキビは、主に20代半ば以上になってできるニキビを指し、思春期にできていたニキビとは少し違う点があります。

 

それは、大人ニキビがストレスによって引き起こされるという点です。
ストレスは誰しも感じるものではあります。私たちがストレスを感じると時に脳下垂体、副腎皮質から男性ホルモンが分泌されますが、この男性ホルモンはストレスと闘うためには必要なものである反面、大人ニキビの原因ともなるのです。男性ホルモンの役割で、皮脂の分泌を促すというものがあるからです。

 

また、肌を固くさせてしまうので、皮脂が詰まり角栓を作る原因となってしまいます。

 

ストレスは上手に発散させることが、大人ニキビを作らないためには必要なのです。

 

大人ニキビとホルモン

大人ニキビの発生はホルモンと深い関わりがあります。
一般的に女性は生理日前になると女性ホルモンの分泌が少なくなります。
この女性ホルモンという物質は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の大きく2つに区分されており、それぞれ働きが異なります。

 

エストロゲンは皮脂分泌を抑え、きめ細かい肌を保つ作用があります。このエストロゲンが多く分泌されていると、ニキビを防ぐだけでなく、美肌にも繋がるのです。
女性は妊娠15週目以降くらいから、このエストロゲンの分泌がさかんになりますので、美肌効果が高まります。大人ニキビができていた女性の多くも、この影響を受けて妊娠後期には大人ニキビが治ることが多くあります。

 

大人ニキビの改善には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌がカギを握っていると言っても過言ではありません。

大人ニキビと遺伝

大人ニキビは親からの遺伝なのか気になりますが、実際のところは100%そうだとは言えません。

 

詳しく言いますと、肌質というものはやはり遺伝性が高いと言えます。元々の乾燥気味の肌や皮脂の分泌量が多い脂性の肌、敏感肌というような肌の質というものは遺伝します。

 

しかし、肌質だけで大人ニキビができるというわけではありません。
例え、皮脂の分泌が多い肌質であったとしても、皮脂が詰まったり、角栓ができなければニキビはできないのです。とはいえ、ニキビができやすい肌質ということは言えますから、あとは生活習慣や肌のケアが重要だということは言えるでしょう。

 

確かに、ニキビができにくい肌質の人に比べると、肌の状態を意識しなければならないことは確かですが最終的には本人次第ということが言えるでしょう。

 

おしりニキビ専用化粧品ランキング