おしりニキビを綺麗に治す方法≪化粧品の選び方≫

おしりニキビ専用化粧品ランキング

 

アクネ菌について

 

アクネ菌、一度は聞いたことがある菌ではないでしょうか。
ニキビの発生に関与している菌で、誰の肌にもアクネ菌は存在しています。
常在菌と呼ばれています。
(肌のバランスをコントロールし、正常に保つために必要とされる菌)

 

アクネ菌はこのように肌にとって必要な菌でもありますが、皮脂を好み皮脂が多く存在するところに住み着く習性があります。アクネ菌+皮脂でニキビの発生となりますから、皮脂を取り除くことが必要です。

 

そのためには、こまめな洗顔が必要となりますが、洗顔のし過ぎもニキビの発生となります。

皮脂も肌には必要なものなのです。皮脂を取りすぎない(肌に優しい)洗顔を行い、清潔にするということが、ニキビの発生を抑制するためには必要なのです。

 

マセラチア菌について

マセラチア菌も、誰の肌にも存在する常在菌のひとつとされています。
マセラチア菌は、真菌(カビ)の一種とされています。

 

マセラチア菌も皮脂の分泌が過剰になると栄養源となってしまうので、皮脂が多い=マセラチア菌が多いということになります。このマセラチア菌は、あらゆる皮膚疾患と関わりがあるとされており、脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎の原因となります。背中ニキビや前胸部のニキが実はマセラチア菌によるものだということが最近分かって来ました。

 

油分や糖分の過剰摂取はマセラチア菌を増殖する原因となるので、摂取を控えることも必要です。

また、皮脂をキレイに洗い流すということも必要です。最近では、専用の商品も発売されています。

細菌とニキビの関係性とは

ニキビの発生は、アクネ菌やマセラチア菌単独では発生することができません。
それらの菌に、皮脂が加わることで発生するのです。

 

また、アクネ菌の1/3は善玉菌ということが分かっており、病原菌の増殖を抑えてくれるはたらきがありますので、できれば善玉菌は残したいものです。
ですから、残り2/3の悪玉菌を増やさないようにするために、住処となる面皰や角栓を作らないことが大切となります。

 

マセラチア菌も同様に、皮脂や湿気の多い場所を好み、身体のニキビの原因となります。
背中ニキビ、前胸部ニキビ、二の腕のニキビにはこのマセラチア菌が関与していることが多いのです。

夏場の汗をかきやすいときや、肌質が脂っぽいという人は要注意と言えるでしょう。

 

おしりニキビ専用化粧品ランキング